探偵会社って悪徳業者が多いの?

MAX_black20150207114246_TP_V

昨今では様々な悩み、不安を解消するために探偵、興信所といったところに依頼し調査してもらうことも珍しくはないようです。一昔から存在しており、ドラマやアニメでも人気の一つのジャンルとし認知度はあるものの実際に依頼する人は近年に比べると少なかったのではないでしょうか。現在では最も多い調査として浮気、素行、人探しの調査ともなり恋人、夫婦、家族、親近者からの探偵依頼となるようです。

 

そこで気になるのが探偵会社や興信所には悪徳業者が多いのかと思われている人も少なくないようです。今のこの世の中において需要も高まり探偵業を営む人も増えており、全国には大手企業の他個人で経営している事務所も多々あることからそのような悪質な探偵社も増えていることも現実として明らかとされているようです。

 

悪徳業者≪探偵事務所≫ではどんな手口があるの?またどんなトラブルが起こり得るのか?関心の高い方もいるのではないでしょうか。実際に依頼すると決心したもののだまされたらどうしよう、本当に信頼してよいものか不安になるものですよね!そこでここではトラブルの事例や失敗しない探偵、興信所の選び方を紹介したいと思います。

 

探偵社に依頼した際の問題点とは?

 

 

調査費用

一番多いのが調査終了後の費用請求額が見積もりの違いのようです。また多少の差は理解できますが、悪徳業者によるとかなりの高額を請求するところも見られるようです。そして契約金をまず振り込ませた後に連絡がとれなくなるといった詐欺となる行為も明らかとなっています。

 

 

 

悪徳業者からの恐喝秘密厳守が当たり前のこの業界において不良探偵では、依頼したことを対象者にばらすなどと脅して、お金を請求するとした行為も事例にあります。

 

実際に調査しているのか曖昧

期間での依頼なのに調査報告をみてもあいまいな結果として納得できないというケースもあるようです。実際1週間の調査依頼のはずが1,2日ほどで終了し、まるで予定通りに尾行していた、張り込んでいた、追跡していましたと言わんばかりのでたらめの報告書を提出するといった行為もあります。

 

調査後の成果

終了した後の結果が思っていたのと違っていたということも多くあるようです。例えば浮気調査では絶対的に不倫の確証があるのに契約の期限内では何事も起こらなかったということも考えられ依頼者が望んでいる結果ではないことでトラブルとなることもあるようです。

悪徳探偵社を回避するには?

 

探偵業法の届け出が出されているかどうか

料金の設定が明確にしているところ

所在地が公開されており実際に事務所が存在している

必ず対面で相談し納得してから契約する

 

 

調査を依頼する場合には上記のことをきちんと把握し、確認することで頼れる探偵事務所にたどり着くはずです。安易に格安と宣伝しているところやHPでの曖昧な費用説明は要注意となっています。特に浮気調査、素行調査、身元調査、所在調査≪興信所・探偵社≫においては問題となる原因が多くあることで注意しておきたいことでもあります。

 

不安、悩みを解消するはずがトラブルに巻き込まれてしまったということのないように、きちんとした事務所選びをすることで失敗することなく納得のいく成果が得られることが期待できるようです。