虐め問題対策で子供調査をする親が続出!

MOK_ahiru1vs4_TP_V

近年においては小学校での暴力、いじめ行為が増加しているなかで小、中、高とお子さんを持つ親御さんのなかでは、学校生活でどのように過ごしているのか把握していない方が多いのではないでしょうか。また度重なる未成年者の事件には命に関わる問題も増えていることから我が子が何らかの形で巻き込まれないか心配、不安となっているお父さん、お母さんも少なくないようです。

 

いじめの報道が相次ぐと無関係な学校でも校内、クラス内の虐め行為があるのか調査がすぐさま実施されますが、現実に本心を訴える子は少なくその統計も不透明とされているようです。また勇気をだして投書したとしても学校側としてはいじめられている側や父兄、教育委員会などの対面を保つために注意、調査をするものの実際には解決されていないということも現実としているようです。

 

その中でも本気で対応している先生もおり、真剣に取り組む姿もみられますが、またそれも一部の先生となっているようです。そのため我が子を守るには親自身と考えている人もおり、昨今では虐め問題対策として子共調査≪探偵、興信所≫をする親が続出しているということもまた今の世の情勢でもあるようです。そこで探偵社や興信所のいじめ調査とはどのようなものか関心を高めている人もいるのではないでしょうか。

 

世論ではそのような調査に対して賛否両論ともなっていますが、自分の子どもが被害者、加害者とならないためには必要な場合もあるとしています。また大きなトラブル、事件とならないためにも親御さんが一番の理解者であり頼れる存在としてありたいものです。ここではいじめ調査≪探偵事務所・興信所≫の実態を徹底調査し紹介したいと思います。

 

探偵の子どもいじめ調査によるメリット

  • 尾行や行動調査により実際に暴行されている現状を知ることができ、その映像により学校側、もしくは警察へ届けることができる。
  • もしかしていじめにあっているのかもと不安になっているところ調査してもらいそのような事実がないことがわかり安心することができる。
  • 暴力はなくとも精神的に追い込まれていることがわかり他校へ転校し、もとの明るい生活を送ることができる。
  • いじめの延長として事件、トラブルを未然に防ぐことができる。
  • うちの子に限ってやるはずない!(親)知らない!(いじめ本人)が否認しても状況証拠があることで認め更生させることができる。

 

子どもに内緒?同意?探偵依頼≪いじめ調査≫のデメリットとは?

 

  • 探偵調査に失敗した際にいじめ側による更なる報復
  • 本人に内緒で調査することで自尊心が傷つくことも考えられます。
  • 費用がかかる

 

いずれにしてもまず子どもと向き合い真実を知ることが大切となります。しかし本人の中ではいじめは家族内には隠したいことでもありまた親に心配をかけたくないという子もいることから、無理に聞きだすことで追い込んでしまうということも考えられるようです。

 

そこでまずはやはり担任の先生に相談し、しっかりと様子をみてもらいその後の対応によって虐め対策として探偵、興信所に依頼することを考えることがベストでもあるようです。学校の対応で改善、解決が困難な場合にはプロの手を借りてでも子どもを守りたいものでもあります。そこで依頼する際には経験豊富で実績のある信頼できる探偵社にお願いすることをおすすめします。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト