相続人が行方不明!助っ人教えます。

freee151108039472_TP_V

遺産相続は身内や親族が亡くなると発生するもので、そこで厄介なのが遺産分割が相続人全員の同意が必要となってくることでもあります。そのため対象者が一人でも欠けると協議を行うことができずスムーズにことを運ぶことができません。近年ではその様なケースもみられ生き別れの兄弟、身内や音信不通となったおじさん、おばさんなどまた実際に面識がないという親戚も珍しくないようです。

そこで自分で探しようなら時間、労力、体力が必要となり、書類の申請、手続きも度重なり、また身内が亡くなった後でもあるため心労となり精神的にも疲れてしまうことも考えられるようです。そこで昨今では相続人が行方不明になったときの助っ人として探偵社、興信所が最も頼みのつなとも言えるようです。人探しを得意とする探偵事務所ではプロフェッショナル調査員が相続人を探しだし、また依頼内容によっては署名捺印までもらってきてくれますので、その後の協議が円滑に進めることができるとしています。

相続人探しに特化した探偵、興信所のメリットとは?

  • 所在を確認しその対象者が適正な相続人として該当するのか素行調査もしてくれる。
  • 対象者は故意に姿を消したわけではないために、探偵業者での難易度は低いものが多いため早くに居場所を突き止めることができる。
  • 案件に沿った専門家の紹介やアフターフォローも充実している。
  • 全国に精通している情報網と長年の豊富な経験、実績、ノウハウがある。
  • 明確な料金システムとなっていますので安心して依頼することができる。

探偵、興信所に相続人探しを依頼する場合にはまず信頼でき、得意分野であるのか見極める必要もあるようです。近年ではネットにより多くの情報を知ることができ口コミ&評判、2chなどでは実際の体験の声を聞くこともできるとしていますが、それだけに頼るのではなく自分自身でまずは相談をしてみることも重要となります。そして人探し特に相続人においても多数の経験があるのかも大事となります。

また難易度が低いと言われてはいますが反対に何らかの事情で姿を消している場合では難易度は高くなり、時間も費用も十分承知しておくことも大切となります。そのため料金体制や延長とした際の追加料金などもしっかりと把握しておくことも重要となります。

対象者が見つからないことで遺産協議が進まないとなると、相続できるものが手元に入ることもないため費用がかかるとしても依頼して探し出してもらい協議を進めることをおすすめします。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト